AGA治療薬で考えられる副作用、初期脱毛について

AGA治療薬服用の際に考えられる副作用は、「性欲減退」のみではありません。AGA(男性型脱毛症)治療薬がその治療目的としている対象、つまり「DHT(ジヒドロテストステロン)産生が、はっきりと薄毛の原因となっている」=「男性ホルモンへの感受性が強い」AGA患者さんには特に避けて通れない副作用もあるのです。それは「初期脱毛」という症状です。フィナステリド製剤やデュタステリド製剤の服用を開始してから少しすると、人によっては脱毛が(場合によっては驚くほど)多くなる、ということが起こります。中にはそこで慌てて服用を止めてしまう人もいるそうですね。しかし、その「初期脱毛」こそが、「AGA治療薬が効いてる」という確かな証拠なのです。初期脱毛で抜ける毛は、休止期の、既に成長が終わっている毛髪ですので、言い換えれば「抜けるのを待っている」状態の髪の毛。それらが一斉に抜け出します(個人差はあるようですが)。それは、頭髪の成長が促進されて休止期から成長期に入り、新しい髪の毛が古い(成長の止まった)髪の毛を押し出すことによって起こることなのです。それが同時期に起こるために、人によっては(薬が著効する人の場合)、薄毛が急に進行したようにも見えてしまうかもしれません。しかし、辛抱強く服用を続けていれば、新しい髪の毛が成長を続けていくはずです。この「初期脱毛」は、ミノキシジル(商品名:リアップ等)でも起こるようですね。こういった副作用を予め留意しておき、慌てずに対処していくようにしましょう。